« heartbeat therapy | トップページ

すべては流れのなかにある

すべては流れの中にある。流れこそが真実。武道においても、賭け事においても流れがすべてである。流れを読みきれない者はこれらの世界では生き残れない。20年間無敗の麻雀の達人、桜井章一は言う。

「麻雀卓を回っている情報に意味はない。流れをつないでいけば世界は広がる。流れの感覚は非常に大事である」

また、分子生物学者福岡伸一は言う。

「生命とは動的平衡にある流れである。生命を構成するタンパク質は作られる際から壊される。それは生命がその秩序を維持するための唯一の方法であった。しかし、なぜ生命は絶え間なく壊され続けながらも、もとの平衡を維持することができるのであろうか。その答えはタンパク質のかたちが体現している相補性にある。生命は、その内部に張り巡らされたかたちの相補性によって支えられている。その相補性によって、絶え間ない流れの中で動的に平衡状態を保ちえているのである」

古今東西の先人もまた、時間とともに七変化する気の流れを9数理で説いた。魔方陣だ。すべては流れの中にある、流れに身を委ねよということだ。しかしこれはなかなか難しい。どうしても身構えてしまう。常識や固定観念、経験知という色眼鏡でつい見てしまう。そうすると、流れに身を委ねることができなくなる。流れに乗れなくなる。動くときに動けなく、動いてはいけないときに動いてしまう。機・度・間、これが自由自在にできる人は流れに身を委ね切れている。自我という厚い壁をもつ人は当然できない。自己と他、内と外が自在に交流してはじめて可能となる。この壁を私は治療で破ろうと試みている。

|

« heartbeat therapy | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« heartbeat therapy | トップページ