« 破壊と再生 | トップページ | 胎内革命 »

老化とエントロピー

秩序は無秩序へ、形あるものは崩れる。エントロピー増大の法則である。

生命現象は、この世界にあって、もっとも秩序ある仕組みである。エントロピー増大の法則は、この生命の上にも、細胞ひとつひとつまで容赦なく降り注ぎ、タンパク質を変性させ、細胞膜を酸化し、DNAを傷つける。すこしでもその法則に抗うために、生命はあえて自らを壊すことを選択した。率先して分解することで、変性、酸化、損傷を、つまり増大するエントロピーを必死に汲み出そうとしているのだ。

生体において、エントロピーは水でもって体外へ汲みだされる。それ故、いつまでも若くありたいと思うなら、老化を防ぎたいと思うなら、発汗と排尿を大事にすることだ。常に汗をかき、尿の状態を常にチェックする。オシッコを我慢しない、尿の色、回数、量などを常に注意深く観察する。東洋医学的には、水を支配する脾臓・肺・腎臓の問題となる。具体的には、呼吸と食、それに足腰である。

|

« 破壊と再生 | トップページ | 胎内革命 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

前略 ミカドクリニック様

”エントロピーを水で汲み出す”といった
表現は間違ってますよ。エントロピーは
物質ではなく、ある状態の乱雑さの指標
です。

投稿: | 2017年7月10日 (月) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 破壊と再生 | トップページ | 胎内革命 »